社員ブログ まどか通信

2017-2018年・アイスメルトカット 技術見本 三部作・最終報告

アイスメルトカット 技術見本 三部作

アイスメルトカット技術を「もっと」活かすために?

アクリルレーザーカット技術『 アイスメルトカット(*1)』は、まどか株式会社の誇るべき製作技術のひとつです。
まるで、融け出した氷のようなカット面、それが『 アイスメルトカット 』最大の特徴です。

その最大のメリットは『 コスト・納期の圧縮 』。
カット面の研磨加工が不要なため、可能な限りクオリティ向上に工数を費やすことができます。

このカット技術等を使用して、まどか株式会社は様々なアートプロジェクトに製作協力をしています。
先進的なアーティスト・デザイナーの方々と関わることで、社内の『 伝統と革新 』を融合。職人として、常に技術を磨くためです。

私たちは、このアイスメルトカット技術を『 もっと 』 アーティスト・デザイナー様に周知したいと考えています。
その中で考え出されたのが、この『 アイスメルトカット 技術見本 三部作 』でした。

アイスメルトカット 技術見本 三部作

2017-2018年 にかけて
様々な展示会・デザインイベントに出展

インテリア/空間デザインを中心に手がける、 SOL style 様によるデザイン監修を依頼。大きなテーマで3つの超大型作品を制作。2017-2018年にかけて、様々な展示会・デザインイベントに出展することになりました

2017 第46回店舗総合見本市→2018 第47回店舗総合見本市→2018 Interior Design Meetinng

● JAPAN SHOP 2017 / 第46回店舗総合見本市
● JAPAN SHOP 2018 / 第47回店舗総合見本市
●  Interior Design Meetinng 2018 Exhibition

長期的かつ大規模な出展は初の試み
多少の悩みや不安をかかえながら…

これまでにも、大型展示会・デザインイベントへの出展自体は、継続的に行っていました。
しかしながら、今回の『 アイスメルトカット 三部作 』のような、長期的かつ大規模な出展は初の試み。

コンセプト(出展技術)を絞りすぎ…?
思ったより反響がないかも…

正直、こういった悩みや不安は少なからずありました。

しかしながら『 アイスメルトカット 』の魅力、自社の製作技術を信じ、一つづつの作品を着実に仕上げていきました。

全3作品のうち、2作品が受賞!

結果的に、全3作品のうち、2作品が受賞となりました!
200社近い企業が出展する『JAPAN SHOP 店舗総合見本市 』。日本インテリア会の先駆者が集結する『 IDM TOKYO 2018 』。この2つの展示会で受賞できたことは、会社にとって受賞以上の大きな意味を持ちます!!

それを記念して(?)今回の『 アイスメルトカット 技術見本 三部作 』という特設ページを作ることになりました!
↓↓↓↓↓↓↓


アイスメルトカット 技術見本 三部作

2019年以降、今後の展開は…?

実はすでに次の『 大型プロジェクト 』が始まっています。

2019年 – 2020年にかけて、さらぶ面白いものを、社を挙げて制作していければと思っています。

元号は変わりましたが、これからもまどか株式会社の根本『 伝統と革新 』の融合!
新しい時代でも『 職人 』でありつづけます!

以上、お読み頂きありがとうございました。


「アイスメルトスペース」解体風景

設営&解体は大変です…汗

«

ブログの新着記事

ご質問・ご相談はこちら

お問い合わせ

TEL 9:00-17:30(0721)24-7524

アイスメルトカット 技術見本 三部作

取り扱い製品一覧

  • マポレット 手すり点字シート
  • マポレット 小型点字シール
  • マポレット 実用新案表示パネル
  • アクリル積層表札 Layer
  • Qualia アクリルフォトプレート

技術と加工の豆知識

  • レーザー豆知識
  • アクリル豆知識
  • 点字の豆知識
  • まどか株式会社 twitter

ページの上に戻る